研究グループの紹介

エネルギー材料工学講座(エネルギー理工学専攻)

エネルギー材料工学講座では、人間と自然が調和する豊かな社会の持続的発展に資するために、材料、エネルギー、環境を中核とする新たな科学技術の創製にとり組んでいます。排熱・太陽光・機械的振動・ショックなどの身の周りにあふれているエネルギー源から電気エネルギーを効率的に取出し・貯蔵・利用するための革新的な人工機能材料や環境問題解決に資するナノ材料の創製・評価などに関する研究教育を推進しています。

グループ名 教授 准教授/講師 助教
エネルギー機能材料工学 長崎正雅 柚原淳司
山田智明
吉野正人
エネルギーナノマテリアル科学 尾上 順 中谷真人 渡邊真太
エネルギー・環境材料工学 八木伸也(※1) 池永英司 小川智史

※1:未来材料・システム研究所

ページトップに戻る

エネルギー量子工学講座(エネルギー理工学専攻)

エネルギー量子工学講座は、光子(レーザー、放射光、X線、γ線)、電子、イオン、中性子などの高エネルギー量子ビームの物理と最先端のセンサー要素技術(レーザー、光ファイバー、微細加工等)を駆使し、量子ビームがもたらす情報を多次元かつ高精度に計測する先進的なシステム開発研究を行うとともに、エネルギー、環境、医療・生命、社会安全などに関連した多様な量子ビーム計測応用に関する教育・ 研究を行います。また、新核種の創成と原子核の物理特性の解明・データベース化などの教育・研究を実施しています。

グループ名 教授 准教授/講師 助教
エネルギー量子計測工学 井口哲夫 富田英生 Volker Sonnenschein
応用核物理学 柴田理尋(※2) 小島康明(※2)

※2:アイソトープ総合センター

ページトップに戻る

エネルギー流体工学講座(エネルギー理工学専攻)

エネルギー流体工学講座では、経済的かつ安全性の高い高密度・大容量エネルギー源の実現のために、混相流や機能性流体の界面輸送現象、流輸送現象の普遍的スケーリング・カオス・制御技術に関する教育・研究を行います。また、未来の有望なエネルギー源である核融合発電炉の心臓部である磁場中の高温・高密度プラズマの閉じ込め性能向上に関する教育・研究も行います。

グループ名 教授 准教授/講師 助教
エネルギー熱流体工学 辻 義之 伊藤高啓 恒吉達矢
エネルギー電磁流体工学 渡邊清政

ページトップに戻る

核融合工学講座(総合エネルギー工学専攻)

核融合炉工学講座では、環境負荷の少ない環境調和型エネルギー源である核分裂・核融合エネルギーの工学利用の実現へ向けて、プラズマ閉じ込め実験・解析、核融合炉システムの設計、核燃焼プラズマの予測計算などの研究に取り組んでいます。

グループ名 教授 准教授/講師 助教
核融合プラズマ理工学 藤田隆明 岡本 敦
核融合炉工学 久保 伸 井戸 毅

ページトップに戻る

エネルギーシステム工学講座(総合エネルギー工学専攻)

人類が地球を取り巻く太陽圏内の環境で生存を続けて行くには、持続的なエネルギー源の確保が不可欠です。特に有限の地球環境場では、エネルギ一変換に伴う環境負荷の小さい核分裂・核融合などのいわゆる環境調和型エネルギー源の開発が重要となります。エネルギーシステム工学講座では、エネルギーシステムの構築、即ちシステムの設計・運転制御さらに安全性評価に関する教育と研究を、システム構成要素のマテリアル特性を活かす視点を加味し、環境調和型エネルギー源を素材として行います。

グループ名 教授 准教授/講師 助教
エネルギー資源循環工学 榎田洋一 澤田佳代(※1)
応用同位体科学 杉山貴彦
原子核計測工学 瓜谷 章 渡辺賢一
吉橋幸子(※3)
山﨑 淳

※1:未来材料・システム研究所

※3:核燃料管理施設

ページトップに戻る

エネルギー安全工学講座(総合エネルギー工学専攻)

エネルギー安全工学講座では、エネルギー変換システムの構築、即ちシステムの設計・運転制御さらに安全性評価に関する教育と研究を、システム構成要素のマテリアル特性を活かす視点を加味し、環境調和型エネルギー源を素材として行います。また、エネルギー生産・需要の増大にともなう地球環境問題と過度な放射線被曝からの人間と環境の防護と被曝の低減などに関する教育・研究も実施します。

グループ名 教授 准教授/講師 助教
エネルギー環境安全工学 山澤弘実 森泉 純 佐藤陽祐
原子核エネルギー制御工学 山本章夫   遠藤知弘

ページトップに戻る